ノーベル平和賞で気になること

2016.10.09 Sunday 08:07
0

    2016.10.09

     空は、どうも曇っているみたいですね。気持ちも冴えませんね。

     

     ノーベル平和賞を「9条」や被団協の方がもらえなかったのは、残念ですね。

    でも、南米コロンビアでゲリラとの和平に踏み切ったサントス大統領が受賞した

    のは戦争を無くすという点では、とても、素晴らしいことですね。『雨上がりの

    メデジン』の主人公、カミーロを思い出します。この本でも、ゲリラのことがち

    ょっと出てきますね。

     

     ただ、ボクは気になることが一つだけあるのです。

     

     和平案は、国民投票で否決されましたが、殆ど差はありません。今後の交渉を

    実らせてほしいものです。サントス大統領の受賞には諸手をあげて賛成します。

    が、ゲリラのFARCの指導者エチュベリ氏に授与されないのは、合点がいかな

    いのです。和平は、双方の努力によってなされるのではないでしょうか。

     ノーベル平和賞の選考委員の方が、理由を教えてくれるとうれしいのですが、

    それは、きっとないでしょうね。

     

     午前中、諸々の仕事をして、午後吉祥寺に行きます。

    category:- | by:いずみたかひろ | - | - | -